不動産を購入するときにはどれくらい税金がかかるのか知っておこう

不動産を直接売却する

つみきとお金

買取のしくみ

不動産の売買は、売主と買主が売買契約をすることで成立します。一般的に不動産は仲介で売却します。仲介の場合は、仲介会社が間に入って、売主と買主を引き合わせてくれます。それとは違い、不動産買取という売却方法もあります。不動産買取とは、売主と不動産会社が売買契約をする方法です。つまり、不動産を直接不動産会社に売却することが、不動産買取です。売主と買主の間に仲介会社が入ると、売買契約が成立したあかつきには仲介手数料が発生します。仲介手数料は不動産の価格の3%程度占めるので、売買契約で一番大きな諸経費です。しかし、不動産買取なら仲介会社が存在しないので、売買契約が成立しても仲介手数料は一切不要です。また、仲介の場合は販売活動をしても売却するまで時間がかかったり、交渉がこじれてなかなか契約がまとまらないことがよくあります。しかし、不動産買取ならそういうことがなく、すぐに売買契約を結ぶことが可能です。所有している土地や一戸建て、マンションなどが、3日もあればすぐに現金化するのが不動産買取の魅力です。さらに仲介会社経由で売却すると、不動産の売却情報がインターネットや不動産情報誌などに沢山掲載されます。しかし、不動産買取の場合は売却情報が外部に漏れることがなく、周りの人に気づかれずにこっそりと売却することが出来ます。不動産買取は、とにかく早く不動産を売却したい人、すぐに現金が欲しい人に最適な売却方法です。