不動産を購入するときにはどれくらい税金がかかるのか知っておこう

購入のプロセス

集合住宅

中古マンションの売買契約までには、物件価格調査、資金計画、下見、購入申し込み、住宅ローンの事前審査などがあります。杉並区の中古マンションも、売買のプロセスをしっかりと押さえてから購入することが大切です。

不動産を直接売却する

つみきとお金

不動産買取とは、不動産会社と売買契約を結ぶことです。仲介とは違い、すぐに売買契約を結ぶことができるので、至急現金が必要なときに便利です。また、周りに知られることなく不動産を売却したいときにも役立ちます。

毎年掛かるコスト

女性

税の問題をチェック

土地あるいは建物、個人で不動産を購入する場合、大きく分けると2種類が一般的です。住まいの種類には一戸建て、分譲マンション、賃貸物件などが挙げられますが、自分の資産になる一戸建は人気です。しかし、購入することで固定資産税や都市計画税などの税金が懸念されています。家を建てる時、建てた後も掛かる税金、両方の知識は個人消費者も把握しておくべきです。不動産の購入の際には取得税が掛かりますが、基本税額は固定資産評価額かける3%です。イニシャルコストとして、他には契約書に対する印紙税や登記に対する登録免許税なども掛かります。また、建てた後や購入した後も掛かるランニングコストは、不動産を所有している限り、毎年のし掛かる問題です。ですので、税金に強みを持つFPに事前に相談することは知識の少ない個人消費者には重要性があります。また、土地と建物の評価は3年毎に評価替えがなされ、建物の評価額も下がるため税額も軽減されていきます。不動産の所有の一例では、評価額かける1・4%で、都市計画税は評価額かける0・3%です。軽減や特例を受けられる条件などは、担当するホームエンジニアなどにも問い合わせることが大事です。例えば、長期優良住宅なども評価されていますが、軽減できる条件の一例として小規模住宅用地も挙げられています。200平方メートル以下での固定資産税は評価額かける6分の1に軽減されます。こうした基本的な税金の知識と必要な税額が理解できていれば、資金計画でも心配いらないメリットです。一般住宅に比べ、非課税枠が拡大している良質な住宅としては、断熱等性能等級4や免震建築物、さらにはエコ住宅も対象となるなど、親からの資金援助を受ける者には嬉しい特例もあります。

あらゆる世代に人気の地域

玩具の家

湘南は若い人から高齢者まで憧れるステータスのある地域です。そのため湘南に不動産物件を探す人が多いのです。人気なのは海沿いエリアですが、物件価格が高めです。買いやすいのはJR線の北側エリアです。海から離れるので安めになっています。生活環境は整っているので暮らしやすいです。海沿いなら中古物件を探します。